本文へ移動

社会貢献事業

横手警察署による特殊詐欺被害防止活動等に対する支援 ~ 県遊協及び横手・湯沢地区遊技業協同組合

特殊詐欺被害等防止祈願の月山神社宮御守(朱)印金型製造支援

1 支援概要 
(1) 年月日
      令和4年10月26日(水)
 (2) 場所
        横手市増田町増田字月山11番地 月山神社
  (3) 支援先等
      横手警察署
    (4)   支援目的等
    横手警察署が行う特殊詐欺被害防止及び交通事故防止活動に活用する御守(朱)
   印の金型製造支援のため、御神前における御祈願の後、横手警察署長に5万円を
   寄付いたしました。
2 横手警察署の活動
    横手警察署では、老若男女を問わず人気のある御朱印に着目し、横手市においても
 崇敬を集めている月山神社の御神前において、多発・高額化する特殊詐欺被害防止と
 交通事故防止の祈願を頂いた御(朱)印を被害対象等に配布して防犯意識と交通事
 故防止意識の向上を図っておられます。
  
  


POSC(一般社団法人社会貢献機構)による社会貢献大賞 支部部門優秀賞の受賞

優秀賞を受賞した活動 「秋田中央遊技業協同組合による母子生活支援施設に対する支援活動」

 パチンコ・パチスロ社会貢献機構による「第17回社会貢献大賞」の審査において、
16年間にわたり秋田中央遊技業協同組合が継続して行ってきました「秋田市内の
母子世帯援助施設に対する支援事業が、支部部門の優秀賞に選考されました。                                
1 表彰月日                                
  令和4年7月21日                                
  東京都品川区新橋 第一ホテル東京                                
2 表彰者                                
  一般社団法人パチンコ・パチスロ社会貢献機構 理事長宮田亮平                        
3 受賞者
  秋田中央遊技業協同組合 (秋田市内28ホールの組合)
4 表彰概要                                
  秋田市内の母子世帯援助施設に対する図書券、食料品及び日常用品の支援事業
 につき社会環境の変化等による影響を最も早く、最も強く受ける母子世帯を対象
 とした事業であること、寄贈した物品は、組合員及びホールスタッフの善意に基
 づく浄財であること、16年の長きにわたる継続事業であることなど社会への貢献
 度が抜群として表彰されたものです。                

ウクライナ人道支援団体【ナタリアさんの仲間を助ける会】への支援

  生命身体の危殆に瀕するなど著しい窮状に陥った人々に対し
ては、国境を越えても人道上の支援活動を行うことに躊躇しな
いよう組合員一同が申し合わせております。
 
 弊組合は、5月18日(水)、秋田県庁において、
  【ナタリアさんの仲間を助ける会】
に対し、 収益金から拠出した10万円を寄付をいたしました。
       ジトーミル市NGOからの感謝状
 ジトーミル市民からの感謝状 (意訳) 
 私たちは、ウクライナの繁栄と平和のために援助をして下さ
った日本人の奉仕の精神と自発的な活動に心から感謝します。
 現在ウクライナはロシアにより領土を侵害されていますが、
日本からの支援は私たちに未来への希望を与えてくれます。 
 ナターリアのボランティア活動に賛同しいただいた方々に
ジトーミル市を代表して感謝します。
 ジトーミル市公認NGO 
「保護と正義」会長 オレクサンドル・グロモフ
 【ナタリアさんの仲間を助ける会(代表後藤良市議)】
 〒 010-0941 秋田市川尻町大川反233-125 TEL 090-1546-8774
 Facebook:https://www.facebook.com/groups/4931327676986767
  ウクライナ出身で、秋田市に居住するナタリアさんが中心となり、ウクライナ国内の避難民や困窮する住民等を対象  
 に支援活動を行っている団体です。


「フードバンクあきた」への支援

  困窮世帯等に対する支援食料の例
  困窮世帯等に対する支援食料の例

  弊組合におきましては、地域に密着し、地域の実状に即した社会貢献活動を持続させることを理念としており、
   昨年に引き続き【フードバンクあきた】様に対し、5月18日(水)、秋田県庁にて、収益金から拠出した10万円
 を寄付をいたしました。

 URL:http://foodbankakita.com/about.html【フードバンクあきた(代表林多実)】 
 〒011-0945 秋田市土崎港西2丁目3-24 TEL 018-845-2868 (平日10:30 ~16:00)
 URL:http://foodbankakita.com/about.html
  秋田市を拠点にフードドライブ活動を行いつつ、困窮する世帯や学生、仕 送等が途絶えた学生・留学生等を対象    
 に、無償の食糧提供等支援活動を継続している団体です。


令和3年中の社会貢献活動

福祉施設、公立病院、児童養護施設への車イス等の寄贈

  地域社会に密着し、貢献する組合・業界をめざします。

〇 全国一少子高齢化が進む秋田県においては、高齢者対策が急がれます。
〇 次代を担う子供達には、情操豊かで健全に成長して頂きたいものです。

弊組合は、12月3日、秋田市内の会場において、県内の特別養護老人ホーム等5箇所、
救急指定の公立総合病院1箇所に、車椅子2台ずつ計12台を寄贈しました。平成21年
から継続しており、累計156台の車イスを寄贈しています。

また、弊組合と株式会社そごう西武様との共同事業では、県内の児童養護施設4箇所に、
児童書等計150冊余りの書籍を寄贈しておりますし、株式会社ヤクルト様との共同事業
では、障害者等福祉施設3箇所に、掃除機、布団乾燥機、テレビ等を寄贈しております。

各寄贈先については、一覧表のとおりです。


重大な交通事故防止への取組


自転車乗車用ヘルメットの寄贈
 
自転車の重大な交通事故を防止するため、秋田県では、自転車条例が施行されました。
弊組合では、1件でも悲惨な交通事故防止を減らすために警察をはじめとして各種団体と協力してまいりました。
11月29日、秋田県内の各警察署で開催される交通安全教室で活用してただくため、秋田県警察本部に男女用の自転車乗車ヘルメット30個を寄贈しました。
弊組合理事長松岡信吉は、警察本部交通部長にヘルメットを寄贈する際、「県警で力を入れていらっしゃる高齢者と児童のヘルメット装着の普及を進めていただき、自転車の重大交通事故防止にご活用ください。」と申し添えていました。


秋田中央遊技業協同組合による母子生活支援施設に対する支援活動

16年目を迎える組合支部による社会貢献活動
秋田中央遊技業協同組合による母子生活支援施設に対する支援活動

秋田市内29ホールで構成される秋田中央遊技業協同組合(理事長新井弘泰)は、秋田市内の
母子生活支援施設に入居する母子世帯に対し、図書券、食品、生活雑貨類を寄贈しました。
 この支援活動は、平成18年から一度も欠かさず継続しており、16回目を迎えた今回は、組合
員と各ホールの従業員が自ら収集した図書券や食品類、日用雑貨類に、組合の事業予算で購入
した食品や生活雑貨類を加えた1,160点を寄贈しました。

《支援活動の概要》
1 寄贈の月日
  令和3年12月7日(火)                              
2 支援対象施設等
 (1)  母子生活支援施設 
   秋田婦人ホーム
   寄贈物品:図書券、日用雑貨品、食品類
 (2) 社会福祉法人秋田聖徳会
   秋田聖徳会若草ハイム
   寄贈物品:図書券、日用雑貨品、食品類 
 (3) 秋田県母子寡婦福祉連合会
   秋田わかばハイム
   寄贈物品:図書券、日用雑貨品、食品類
3 参考事項
      例年であれば、似顔絵教室や手品ショーを同時開催し、子供達に情操教育の一助となる娯楽
 を提供させていただいてきましたが、新型コロナウイル感染症を防止するため、やむなく中止
   といたしました。




秋田婦人ホーム様への寄贈

14年目を迎えた組合支部青年部による献血活動

秋田中央遊技業協同組合青年部の献血活動による地域貢献

組合支部の秋田中央遊技業協同組合青年部では、6月18日(金)と11月13日(土)の2回にわたり、
地域の緊急医療に不可欠である輸血用血液の確保に協力するため、加盟29ホールから有志を募り、多
数のスタッフが献血いたしました。  
この活動は、平成20年から一度も欠かさず継続しており、秋田県赤十字社様と連絡を密にして、夏場
と冬場の輸血用血液が不足する時期に行うようにしております。
1 献血会場
  秋田市川尻大川反223-1 献血パークるーぷ
  秋田市中通二丁目3-8  アトリオン献血ルーム  
2 謝辞
  秋田県赤十字社様からは、『夏場と冬場は、輸血用血液が不足しがちです。中央遊技業協同組合の
 献血活動は、非常に心強く、感謝しています。』などの謝辞とともに礼状を頂いております。

困窮世帯の子供に対する食の支援

困窮世帯等の子供に対する支援活動

新型コロナウィルスの感染拡大がやまず、政府等からの旅行等自粛要請が度 重なり、
観光業や飲食業を中心として廃業や解雇等厳しい経済情勢が続いています。 
このようななか、次代を担う子供達が食に困窮することがあってはならない との理念から、組合各法人等の賛同を得、弊組合理事長松岡信吉が、6月10日、 秋田県庁において、NPO法人「フードバンク秋田」様に10万円を寄付いたし ました。 
「フードバンク秋田」様は、県内の困窮世帯等へ食を提供する活動を継続している実績ある団体であり、同代表林多実様は、「ありがたいお金です。子供 の食に直結する支援活動に使わせていただきます。」旨の謝辞がありました。 

令和2年中の社会貢献活動

1 社会福祉施設に対する福祉機器等の寄贈

   弊組合においては、社会貢献活動に取り組んでおります。
令和2年度は、12月4日(金)、ホテルメトロポリタン秋田において、19回 目となる(株)ヤクルト東日本支店様と共同による社会福祉施設に対する電気 機器の寄贈、組合単独では、12回目となる社会福祉施設に対する福祉機器の寄 贈を通じて社会貢献活動を行いました。
〇 組合と(株)ヤクルト東日本支店様との共同による電気機器の寄贈
・ 対象施設
秋田市、大館市及び湯沢市の社会福祉施設 3箇所
・ 寄贈品
掃除機、空気清浄機及び音響機器
〇 組合単独による福祉機器の寄贈
・ 対象施設
能代市、秋田市、由利本荘市、大仙市及び湯沢市の社会福祉施設 6箇所
・ 寄贈品
アルミ製車イス2台 (計12台)

2 秋田市内の小中学校等に対するマスク4万2,000枚の寄贈

   令和2年春以降、県内においても新型コロナウイルスの感染が拡大したため、 穂積志秋田市長を通じ、特に感染の増加傾向が著しかった秋田市の小学校等の 児童等を対象としてマスクを寄贈しました。
〇 寄贈日
7月2日(木)
〇 寄贈対象
秋田市の小学校、中学校及び高等学校
〇 寄贈品
マスク4万2,000枚
〇 穂積市長等からは、感染が拡大し、全国的にマスク等感染予防器財が払底 する中、児童・生徒の感染防止に大きく貢献する活動として、多大な感謝を いただきました。

地域と社会情勢に適合した社会貢献活動

平成30年 社会貢献贈呈式を開催

社会貢献贈呈式

・開催日時 平成30年12月7日(金)
         15:00~15:40
・開催場所 ホテルメトロポリタン秋田4F「ルーチェ」
・開催内容 第1部 第17回年賀福祉活動
                   ヤクルトとの共同開催
      第2部 車いす贈呈(県内6施設)
      第3部 秋田県防犯協会連合会へ
                   防犯グッズを贈呈

社会貢献贈呈式

平成29年 社会貢献贈呈式を開催

社会貢献贈呈式

・開催日時 平成29年12月15日(金)
         15:00~15:40
・開催場所 秋田ビューホテル 5F「牡丹の間」
・開催内容 第1部 第16回年賀福祉活動
                   ヤクルトとの共同開催
      第2部 車いす贈呈(県内6施設)
      第3部 秋田県防犯協会連合会へ
                   防犯グッズを贈呈

社会貢献贈呈式

平成28年 社会貢献贈呈式を開催

社会貢献贈呈式

・開催日時 平成28年12月16日(金)
         15:00~15:40
・開催場所 秋田キャッスルホテル 3F「平安の間」
・開催内容 第1部 第15回年賀福祉活動
                   ヤクルトとの共同開催
      第2部 車いす贈呈(県内6施設)
      第3部 秋田県防犯協会連合会へ
                   防犯グッズを贈呈

社会貢献贈呈式

平成27年 社会貢献贈呈式を開催

社会貢献贈呈式

・開催日時 平成27年12月18日(金)
         15:00~15:40
・開催場所 メトロポリタン秋田 4F「ルーチェ」
・開催内容 第1部 第14回年賀福祉活動
                   ヤクルトとの共同開催
      第2部 車いす贈呈(県内6施設)
      第3部 秋田県防犯協会連合会へ
                   防犯グッズを贈呈

社会貢献贈呈式

秋田中央遊技業協同組合が社会貢献活動により法務大臣感謝状を受賞

 平成27年11月19日秋田市文化会館で開催された第48回秋田県厚生保護大会の席上において、秋田中央遊技業協同組合は長年の厚生保護事業に対する社会貢献活動が評価され、法務大臣感謝状を授与しました

表彰式の状況

平成25年社会還元金額

社会貢献贈呈式

社会貢献贈呈式集合写真

・開催日時  平成25年12月12日(木)15時
・開催場所  秋田キャッスルホテル「平安」
・共  催  (株)ヤクルト、大館・秋田・横手販売会社

平成26年「社会貢献活動報告」

(2014-12-16 ・ 146KB)

平成25年「社会貢献活動報告」

社会貢献活動報告

(2013-12-17 ・ 131KB)

第7回少年野球教室 開会式 

・開会の挨拶 秋田県遊協 高島副理事長
・指導員(元東京ヤクルトスワローズ選手)
 向かって右から青柳進(捕手)、花田真人(投手)、中尾敏浩(外野手)

走塁/守備の様子

・走塁指導
・投手指導
・捕手指導

打撃/謝辞

・打撃指導
・閉会式 謝辞

困窮世帯等の子供に対する支援活動

0
0
0
8
0
3
2
6
TOPへ戻る